胎児の相続

概要

胎児は被相続人の死の際に‐例え受精卵の形であったとしても‐胎内に存在していれば、誕生して産声を上げ始めた時点で相続する権利を得ます。

Download

カテゴリー:

フィードバック