フィトゥラ(人の自然の天性にそぐう)のスンナ

概要

イスラームは内面的にも外面的にも、人間の生まれつきの天性に適合する教えです。ここでは人間の外面的な面に関し、イスラームが勧める様々な作法を紹介します。

Download
コメントを送る

Detailed Description

    フィトゥラ(人の自然の天性にそぐう)のスンナ

    ] 日本語 [

    من سنن الفطرة

    [اللغة اليابانية ]

    ムハンマド・ブン・イブラーヒーム・アッ=トゥワイジリー

    محمد بن إبراهيم التويجري

    翻訳者: サイード佐藤

    ترجمة: سعيد ساتو

    校閲者: ファーティマ佐藤

    مراجعة: فاطمة ساتو

    海外ダアワ啓発援助オフィス組織(リヤド市ラブワ地区)

    المكتب التعاوني للدعوة وتوعية الجاليات بالربوة بمدينة الرياض

    1428 – 2007

    3-フィトゥラ(人の自然の天性にそぐう物事)のスンナ

    ① スィワーク[1]:それは口を清浄にし、主をご満悦させます。

    ● スィワークの仕方:

     右手、あるいは左手でスィワークを持ち、歯茎と歯をこすります。口の右側から始めるようにし、時々スィワークを舌の脇に挟んだりします。

    ● スィワークにはアラーク[2]かオリーブの若木、あるいは乾燥したナツメヤシの木の枝などを用います。

    ● スィワークの位置づけ:

     スィワークするのはいつでもスンナですが、特に次に示すような場合において推奨されます:

      ウドゥー[3]の時。サラー(礼拝)前。クルアーンの読誦の前。家に入る時。夜中にサラーする時。口臭が変化してきた時。

       アブー・フライラ(彼にアッラーのご満悦あれ)によれば、預言者(彼にアッラーからの祝福と平安あれ)は言いました:「もし私のウンマ(共同体)にとって‐あるいは “もし人々にとって”‐難儀とならなかったとしたら、私は各礼拝時にスィワークを命じたであろう。」(アル=ブハーリーとムスリムの伝承[4]

    ② ヒターン(割礼):それは尿や汚物が溜まってしまわないよう、男性器の亀頭部を覆っている包皮部分を切除することです。

    ● ヒターンの位置づけ:男性にとっては義務[5]で、女性にとってはスンナ[6]です。

    ③ 口ひげを切り、あごひげを伸ばすこと:

    イブン・ウマル(彼らにアッラーのご満悦あれ)によれば、預言者(彼にアッラーからの祝福と平安あれ)は言いました:「シルク[7]の徒と相違せよ。あごひげを伸ばし、口ひげを切るのだ。」(アル=ブハーリーとムスリムの伝承[8]

    ④ 陰毛を剃り、脇の毛を抜き、爪を切り、指の付け根を洗うこと:

    1-アブー・フライラ(彼にアッラーのご満悦あれ)によれば、預言者(彼にアッラーからの祝福と平安あれ)は言いました:「フィトゥラには5つある(あるいは“これら5つはフィトゥラである”):“ヒターン(割礼)。陰毛を剃ること。腋毛を抜くこと。爪を切ること。口ひげを切ること。”」(アル=ブハーリーとムスリムの伝承[9]

    2-アーイシャ(彼女にアッラーのご満悦あれ)は言いました:「アッラーの使徒(彼にアッラーからの平安と祝福あれ)は言いました:“(これら)10(の物事)はフィトゥラである:口ひげを切ること。あごひげを伸ばすこと。スィワーク。水で鼻を洗浄すること。爪を切ること。指の付け根を洗うこと。腋毛を抜くこと。陰毛を剃ること。水の節約。”」ムスアブはこう言っています:「私は10番目を忘れてしまったが、恐らくうがいであったと思う。」(ムスリムの伝承[10]

    3-アナス・ブン・マーリク(彼にアッラーのご満悦あれ)は言いました:「私たちは口ひげと爪を切り、腋毛を抜き、陰毛を剃ることを40夜以上放棄してはならない、との期限を定められた。」(ムスリムの伝承[11]

    ⑤ 香水などをつけること[12]

    ⑥ 髪の毛をいたわり、油を塗ったり、櫛でとかしたりすること:

    カザア‐頭部の一部を剃って、他の一部を残すような髪形にすること‐は禁じられています。

    ⑦ 白髪をヘンナ[13]で染め、隠すこと:

    ジャービル・ブン・アブドッラー(彼らにアッラーのご満悦あれ)は言いました:「マッカ開放の日にアブー・クハーファが連れて来られましたが、彼の頭部とあごひげはヒソップの花のように真っ白でした。それでアッラーの使徒(彼にアッラーからの祝福と平安あれ)は言いました:“それを何かで(他の色に)変えよ。但し黒は避けるのだ。”」(ムスリムの伝承[14]

    [1] 訳者注:歯磨き用に用いる、ある特定の種類の小枝のこと。

    [2] 訳者注:学名Salvadora Persicaという植物。英名はToothbrush Treeです。

    [3] 訳者注:詳しくはこの章の「4.ウドゥー」の項を参照のこと。

    [4] サヒーフ・アル=ブハーリー(887)、サヒーフ・ムスリム(252)。文章はアル=ブハーリーのもの。

    [5] 訳者注:4大法学派のシャーフィー学派とハンバリー学派で義務となっていますが、他の2学派ではスンナです(ワハバ・アッ=ズハイリー著「イスラーム法とその法的典拠」より)。

    [6] 訳者注:女性の場合はヒターンではなく、「ハフド」と呼称され、陰核の包皮の上部を切除します。4大法学派のシャーフィー学派とハンバリー学派で義務となっていますが、他の2学派では「高貴な行い」とされています(ワハバ・アッ=ズハイリー著「イスラーム法とその法的典拠」より)。

    [7] 訳者注:詳しくは「タウヒードとイーマーン」の章の「シルク」の項を参照のこと。

    [8] サヒーフ・アル=ブハーリー(5892)、サヒーフ・ムスリム(259)。文章はアル=ブハーリーのもの。

    [9] サヒーフ・アル=ブハーリー(5889)、サヒーフ・ムスリム(257)。文章はアル=ブハーリーのもの。

    [10] サヒーフ・ムスリム(261)。

    [11] サヒーフ・ムスリム(258)。

    [12] 訳者注:女性の場合、香水を身に付けて外出することは禁じられています。

    [13] 訳者注:頭髪や髭、手足や爪などの染料や薬品として用いられる植物の1種。

    [14] サヒーフ・ムスリム(2102)。

    カテゴリー:

    フィードバック